ホーム > 企業情報 > ロッカー事業の歩み

日本初のコインロッカー

東京オリンピックが開催された
1964年の12月15日に、日本初のコインロッカーが新宿駅地下に設置されました。当時、手荷物は駅の手荷物預かり所で有人対応していた頃なので、セルフサービスのコインロッカーは使い方がわからず利用する人は少なかった様です。その後、大型プール、スキー場、大阪万博会場などに設置されたのを皮切りに、全国に普及し始めました。

ロッカー製品ヒストリー

沿革

ロッカーシステム事業

アメリカのフレキシブル社と技術提携、コインロッカーの製造と販売を開始。日本で初めて新宿駅に設置される。
コインロッカーのオペレーションとアフターサービスを専門に扱う株式会社アルファサービスを設立。
暗証番号でロックを施解錠する更衣室向けマイコンロッカーの製造と販売を開始。キーレス製品の先駆けとなり全国のゴルフ場、レジャー施設に展開。
フリーボックスの製造と販売を開始。ゴルフ場のフロント業務省人化を実現し全国に普及する。
日本で初めてスキー場に大規模キーレスロッカーを導入。
マンション向け宅配ボックスの製造と販売を開始。
RF-ID式ロッカーの製造と販売を開始。
日本で初めて携帯電話・ICカード・暗証番号で利用するロッカーの製造と販売を開始。
日本で初めてSuicaで支払い、Suicaが鍵になるロッカーの製造と販売を開始。駅での電子マネー普及にあわせ、ターミナルロッカー市場に新たな市場をつくる。
日本で初めて「Edy」、「おサイフケータイ」が利用できるロッカーを発売。
ロッカーシステム部門と子会社である株式会社アルファサービスが事業統合し、社名を「株式会社アルファロッカーシステム」とする。
ダブル認証式フリーボックスの製造と販売を開始。
指静脈認証装置を搭載したフリーボックスの製造と販売を開始。
駅構内のロッカー空き状況がリアルタイムで確認できる「空きロッカー案内システム」をJR仙台駅に導入。
使いやすさを向上させた新デザインのフリーボックスFBSシリーズの発売を開始。
・ ICカード専用AELロッカーの発売を開始
・中国上海市に販売子会社であるアルファ上海ロッカーを設立
オフィス、学校などでも導入しやすい20扉タイプのフリーボックスFF-20 シリーズを発売。
スマートフォンで宿泊のチェックイン・チェックアウトやレンタル物品の貸出管理を実現するIntelligentロッカーによる自動シェアリングサービスへ参画
1923
1933
1938
1947
1963
1964
1976
1979
1981
1984
1986
1990
1992
1995
1999
2001
2004
2005
2006
2007
2009
2010
2011
2012
2013
2014
2015

アルファグループ

建築金物、シリンダー錠の製造と販売を開始。
国産で初めて自動車用キーセットを納入。
国産第一号車ダットサンに採用。
社名を国産金属工業株式会社とする。
南京錠の製造と販売を開始。
群馬県館林市に群馬工場を建設。
日産自動車株式会社に自動車用キーレスエントリーシステムの納入を開始。
住宅玄関向けにキーレス玄関錠の製造と販売
を開始する。
CIを導入し社名を株式会社アルファに変更。
自動車用電子キーの製造と販売を開始。
日本で初めて電池式玄関用指紋錠の製造と販売を開始。
東京証券取引所第二部に株式上場。
東京証券取引所第一部銘柄に指定。
新型電動ステアリングロックが日産スカイラインに採用。
玄関用ドアハンドルにハンズフリー認証装置を内蔵したパッシブキーの製造と販売を開始。

ICカードで施解錠する薄型の電池式玄関錠をYKK AP株式会社と共同開発。

中国にアルファ広州上海分公司を設立。
インド・タミルナドゥ州にアルファインディアを設立。
YKK AP株式会社との共同開発で良品廉価な電気錠「スマートコントロールキー」の製造・販売を開始。
・創業90周年記念商品「edロックPLUS」の製造・販売を開始
・山梨県南アルプス市に太陽光発電設備を建設