ホーム > 非対面・非接触で注目のロッカー

非対面・非接触で注目のロッカー

非対面・非接触ビジネスで
改めて注目されるロッカー

非対面・非接触でピックアップ
BOPIS運用を支援するSTLシリーズ登場

オンラインで注文した商品を店舗で受け取るBOPIS(Buy Online Pickup In Store)では品物の受け渡しに関わる店舗スタッフの負担をいかに少なくするかが課題です。
STLシリーズは品物の入庫から引き渡しまでロッカー専用クラウドサーバーに接続したロッカーで運用を行い、店舗スタッフを介すことなくお客様ご自身で品物のピックアップが可能になります。チェーン店展開はもとより、店舗システムと非連携でスモールスタートできるシステムもご用意しています。

省スペース
幅30cm、1列5扉から最大14列83扉まで制御
QRコード認証
入庫、受け取り、回収はQRコード認証
AIP連携
既存店舗システムとのAPI連携対応

電源不要、非対面で代金回収、
商品引き渡しが可能な無人販売機。
自動販売機では対応できない商品の
セルフ販売を実現します。

主に農家の野菜販売でお使いいただいていますが、グランピング施設、フィットネスクラブ、道の駅など様々な用途でもお使いいただいています。
コロナ感染拡大対策として、密を避けながらお客様に提供するサービスを維持しつつ、非対面で24時間商品販売を実現します。

セルフ販売
レジ不要で24時間販売を実現
電気代0円
電源不要で代金回収と販売ができる
現物確認できる
透明アクリル扉なので現物を確認して購入できる